「私が漫研時代から描いた漫画読む? 女子高生とモンスター編」を発売しました。

「私が漫研時代から描いた漫画読む? 女子高生とモンスター編」を発売しました。 「私が漫研時代から描いた漫画読む?」シリーズの二冊目になります。

これはタイトルの通り、女子高生が主人公で、モンスターが出てくるものを集めました。
女子高生だけじゃなくて、王子様なども出てきます。

少女漫画なので…!

さて、今回は全て表紙をカラーで描き直して、ロゴも作り直し、その制作過程なども掲載しています。新旧双方の表紙を載せているので、その違いを楽しんで下さい。
前作の「セクシーダイナマイト編」とはまた少し違った観点からの、疑問なども載せてあります。

私にも女子高生の時代がありましたが、遠く過ぎ去りました。懐かしいというか、気恥ずかしいというか。自分では精神的に大人になっていないような気がしていたけど、案外大人になったのかなぁ。感慨深い気がいたします。

女子高生とモンスター編に掲載している漫画において、影響をうけた漫画は以下の作品となります。

推理作家の主人公と、その妻の話です。舞台は鎌倉で、妖怪も登場する、とても不思議で恐ろしくも温かい感じのする漫画です。妻の外見が、とても若いというか、ランドセルが似合ってしまうという…。そんなのないよねーとは思うのですが、漫画だからね。



鈴宮和由さんの作品は、コメディタッチでテンポが良く、よく読んでいました。

SFの名作です。今のゲームがない時代にすでにこういう漫画がでてきていたというのは、日本の女性作家の素晴らしいこと。

少女漫画で、恋愛中心ではなくてアクションが楽しめる、忍者もでてくるという…。すごいなー。

「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」で影響を受けた作品

さて今回は、「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」に出てくる話が影響を受けた作品、についてつらつらと書いてみようかと思います。

こちら影響を受けたのは、たぶんこの辺り

ピアーズ・ブロスナンが人気になったきっかけのドラマですね。

「探偵事務所を開いたローラだったが、女性なので依頼人が来ない。そこで架空の男の探偵レミントン・スティールを作り、自分はその助手ということにして活動をしていたが、そこへ架空のはずの探偵レミントン・スティールが現れて、しかもそれが甘いマスクで…」というダブロマンス探偵物語。よいドラマでした。

今更説明の必要もないかもしれないSF特撮映画の名作。これを見なければきっと宇宙船が登場する漫画なんて無謀なことはしなかったはず…。

こんなかわいい漫画のどこに影響を受けているのかというと、この漫画の中に水でふえる謎の生命体が出てきていて、それがネムというペットのもとになっています。

ミューレさんの話を考えたのはこれが刊行される前なので、私が影響を受けたのは作画上でということになります。

これも話ではなくて、アクションシーンなどに少し影響を受けたと思います。話は少年というより、青年向けに近いのでエロいよ。
ざっと思い出しただけでもこんな感じですね。
でも影響を受けた作品は、もっと沢山あると思います。

こちらもどうぞ

「私が漫研時代から描いた漫画見る?」を作ったわけ

さて今回は、私が「私が漫研時代から描いた漫画見る?」を作ったわけを描いてみようかと思います。

「私が漫研時代から描いた漫画見る?」シリーズは、私が高校の漫画研究同好会に所属した時から描きためた漫画、えー、ようするに”オリジナルの薄い本”をまとめて収録したもの…というのはセクシーダイナマイト編に以前書きましたね。

自分が昔書いた漫画を発表するというのは、実は簡単なようで、簡単ではないのです。子供の頃に書いた作文を見せられるかというと、恥ずかしくてできないでしょ?
ましてや、漫画というのは現実でも何でもない自分の妄想の世界です。恥ずかしいですよー。

%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_002%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_003%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_004%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_006%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_005%e7%a7%81%e3%81%8b%e3%82%99%e6%bc%ab%e7%a0%94%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%81%8b%e3%82%89_007

「私が漫研時代から描いた漫画見る?」は全部で4冊刊行予定です。

私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編

こちらもあわせてどうぞ

「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」はタイムリープ体験漫画です!
「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」で影響を受けた作品

「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」はタイムリープ体験漫画です!

「私が漫研時代から描いた漫画見る?」シリーズを出版しました。※200P近くあります。Unlimited対象作品です。

これは、私が高校の漫画研究同好会に所属した時から描きためた漫画、えー、ようするに”オリジナルの薄い本”をまとめて収録したものです。
原画をスキャナーで取り込んで見たのですが、枠線はガタガタだし、なにしろ文字が汚かったり、写植が剥がれてなくなってしまっていたり、色々と問題がありました。
それで、今のデジタル画面でも読みやすいように、ガタガタだった枠線を全部デジタル画面で描きなおしました。セリフも全てテキストで打ち直し、絵は下手くそなままでも、ストーリーは読めるようにしてあります。下手くそな部分も含めて楽しんでくださいね。

一番最初に発売するのは「セクシーダイナマイト編」です。(エロい漫画じゃないので、そこは期待しないでください。ごめんね。)

「セクシーダイナマイト編」には、私の友人でも見たことがない「ボツ原稿」が二話分入っています。これはなにしろ未完成のままの作品で、ペン入れがしていなかったり、トーンも貼っていないような状態でした。ですので、これを完成させたらどうなるのか、というのを実際に二つの原稿を見比べてみることができるようにしました。ビフォーアフターってやつですね。
この二話のボツ原稿は、実は最終話に載せた話を描くためにの試行錯誤の結果です。この二つのボツ原稿を描かなくては、完成原稿を描くことができなかったんですね。たとえアマチュアの同人誌でも「人に見てもらう」ためには、様々な葛藤があります。beforeafter

さてこの本には「ネタバレの部屋」というコーナーがあり、当時の私がどういう考えで漫画を描いていたのか、今の私がどういう考えで漫画を作っているのか、更にどうやって作っているのが、少し分かるようになっています。

fiximage-s

読者は、過去の私の漫画、それから今の私の漫画を、行ったり来たりするような作りになっています。
つまりこの漫画は、リアルタイムリープをちょっと体験できるような、そういう作りになってます!
本って読んでいると、その本を読んだ当時の蘇ったりしませんか?
だから、本ってタイムマシーンなんですよ!

セクシーダイナマイト編が影響を受けた作品はこちら

ちなみにこのシリーズ全部で4冊刊行予定です。それぞれ別のお話が入っていて、別々のネタバレが描いてあり、表現方法も違いがあります。楽しみにしてもらえるととうれしいな。

こちらもどうぞ
「私が漫研時代から描いた漫画見る?」を作ったわけ
「私が漫研時代から描いた漫画見る? セクシーダイナマイト編」で影響を受けた作品

猫まんがで英語多読のはじめ方

スクリーンショット 2016-08-30 21.16.24AmazonでKindle unlimitedがはじまりました。
現在、猫まんがで楽しい英語多読1,2巻を参加させていただいています。
30日は無料期間ですので、読んでくださっている方も沢山いるようです。ありがたいですね。
多読の始め方がよくわからないという方も、おそらくいらっしゃると思いますので、少し書いてみました。解説の宮西先生にも確認していただいております。

最初に英文を見てストレスを感じてしまう人は、まず漫画の部分をペラペラと読んでみましょう。この時、英語は読まなくても大丈夫です。多読を初めてする初心者向けの本には文字はなくて、絵しかないものなんです。「この話はどんな話かな?」ということを想像しながら、見ることから始めます。
その後で、漫画の英文を見て、理解できるところは読んで、できないところは「たぶんこうだろう」という想像で、読んでみるのです。絵と話を一致させておきましょう。テキストになっている英文は、辞書を使えますから、どうしても分からない箇所は調べてみてもいいでしょう。

日本語で完全に理解できなくても、話の流れとしてあっていれば、よいのです。悩みすぎたら駄目ですよ。まずは漫画を楽しんでね。日本語訳を書いたりする必要もありません。時間がもったないないですよ? その分沢山読んだほうが、ずっといいのです。

習うより慣れろ、好きこそ物の上手なれ。ストレスフリーを目指しましょう。日本語版をお持ちの方は、読み比べてみてもいいです。日本語と英語の翻訳の違いを楽しみながら、読んで下さい。
読み上げができる機種であれば、音も聞いてみましょう。自分で声を出して読んでみてもいいです。
沢山他の本を読んで、しばらくして、この本を読み返してみると、自分でもびっくりするほど、スラスラと読めるようになっていることに気付くと思います。

頑張ってね。でも楽しんでね。疲れたらちょっと休んでいいのよ。

言葉っていうのは、特別な才能がある人だけの特別なものじゃないのです。普通の人が、普通に使っていれば、できるようになっていきます。そういうものです。日本語もそうよね? 知らない単語があっても、見たことがないのだから、知らなくて当たり前です。まずは自分のできるところから、好きなところから、使うところからやっていきましょう。

プロとして使おうと思ったら、それは大変なことです。それはどんな道でもそうですよね。だからといって、道を分ける必要はなくて、読んで使って、楽しんで、身近なものとして実感できたら、もう英語の世界は、あなたのものだと思います。


あわせてこちらも是非お読み下さい。

日本人はシャイ??? – 目からウロコの英語「楽」習 http://mekarourokoeigo.hatenablog.com/entry/2016/09/03/200000

英語鎖国で深刻なのは情報入手のスピードじゃないと思う – メソッド屋のブログ http://simplearchitect.hatenablog.com/entry/2016/09/07/080521

動画

うっわ、恥ずかしいけど、一人三役の個人制作アニメ「魔女と猫」を公開します。見ていってね (*´∀`*)

えー、明けましておめでとうございます。今年の新年度胸試しとして、昔つくった自主制作アニメをブログで公開します。声も効果音も音楽も全部、自分で作ってます。いやああああ、メチャクチャ恥ずかしい! でも楽しんでくれる人がいるといいな!
アニメに出てくる猫のモデルは、私の愛猫ミィーちゃんです。飼い主の魔女は私ではなくて、架空のキャラクターですけども。

マクロメディアがアニメーションソフトFlashを発売した時、「これはすごい!」と興奮して、まー、その後先なにも考えずに、アニメーションを作った経験なんかないのに、若気の勢いだけで作ってしまったものが、これです。えー、後先考えずにつくってしまうのは、今もだいたいそうなんですが…。
2003年だから、もう13年前? 時間が経つのは早いなー。確か当時、Flashなんとかっていうイベントに応募したんですよね。その後は放置っていうか、すっかり忘れていました。
作った動画の中に、今は閉鎖してしまったホームページのURLが入っていたので、それだけ削除して、再度アップしたのが去年ですね。その後、またちょっと放置してしまって、えー、今に至るわけです。

アニメーション制作のことは良く知りませんでしたが、絵コンテが必要なことは知っていたので、訳がわからないなりに絵コンテを作り、そこからキャラクター、背景、シーンなどを作成していきました。

絵コンテ

絵コンテ

キャラクターデザイン

キャラクターデザイン

シーン

シーン

当時作った絵コンテなどは、捜してみたのですが、見つかりませんでした。昔のホームページで使用したデータだけが残っていたので、ここでは、それを使用しています。捨てた覚えはないんだけどなぁ。

キャラクターの声をどうしようかと悩んだのですが、なにしろ、アテレコをどうすればいいのか、録音した音声をどう編集したらいいのか、サッパリわからなかったので、もうとにかく自分でやってみよう、どうせ商用ではないのだからと、全部自分でやりました。
音声はもちろん加工してありますので、これが私の地声かというと、違います。
今思い返せば、知り合いに頼むとか、声優サークルに打診してみるとか、別の方法もあったと思いますね。

効果音や音楽も色々探してはみたものの、ピッタリあう音が見つからず、結局全部、自分で作りました。お皿を床に落としたり、電子ピアノを演奏したりしましたよ。

確かこの数分のアニメーションを作るのに、三ヶ月位かかったはずです。アニメーションって、めっちゃ大変だわーと、心底思いました。よく三ヶ月で完成したという気もします。作った感想は、

すんごく大変だったけど、とにかく面白かった!
全然やったことがないことだったから、できたらすごく嬉しかった!
色々できてない部分もあるけど、自分は好きだ!

当時Flashで何かを作った人は沢山いたと思うんだけど、きっとみんな同じような気持ちだったと思います。

テクノロジーって素晴らしい。人間の技術も素晴らしい。

魔女と猫(日本語)っていうからには、あとで英語版も作りますので、英語多読の参考にしてください。 英語と人生はなるべく楽しくやりたいですよね!

「白黒猫まんが」のカバンやらTシャツやら作りました。LINEを使っていなくても、Tシャツなら着れますよ。

LINEスタンプを作った時に、複数の方から

  • この柄のTシャツがほしい。
  • かわいいけど、LINE使ってない。

という感想をいただいたので、Tシャツとかカバンとか、作りました!
白黒猫まんが公式 ONLINE SHOP

clubtbanerこんな感じです。

スクリーンショット 2014-10-17 11.26.34ショップの画像だと良く分からないと思うので、実物を見てみましょう。
これは日本の委託先ClubTで販売している、トートバッグのLサイズです。スイカが入りそうなくらい大きいです。使ってみたら、なんでも入ってすごく便利。生地も丈夫です。

IMG_5840これは長袖Tシャツです。プレステのコントローラーとも比べてみました。ゲーマーなんでね。
大きいなー。ドキドキしますね。両面印刷なので、背中側にもミィーちゃんがいますよ

IMG_5839

 

白黒猫まんがは英語版も出していますので、海外ショップ向けのショップもあります。

Life with Mii Offical shop
スクリーンショット 2014-10-17 11.58.19スクリーンショット 2014-10-17 11.59.09海外ショップの方が、種類が多いですね。
実際に買ってみたらどうなるのかというのは、下のnoteの記事で確認出来ますので、比べてみると楽しいと思います。

どんな美女も着るだけで猫馬鹿になってしまう恐ろしいTシャツを作ってしまいました。グローバルに英語で販売中。

Kindleストア2周年記念セールで白黒猫まんが(フルカラー) 1 巻が半額の140円なんですってよ、奥様。

Kindleストア2周年記念セールなんだそうです。
白黒猫まんが(フルカラー) 1 巻が半額の140円になってます。えーと、前回のセールが1年前くらいだから、セールがあっても1年に一回のチャンスです。

もちろん続きもあります。

英語多読で日本語を見てみたいという人もいかがでしょうか、あるいはその逆もいいんじゃないかな。

えー、なんだかあっという間に過ぎた気がしますが、もう2年経つんですね。長いような、短いような。

大切な友人と読者に支えられて、ここまできました。
ありがとうございます。
これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

「白黒猫まんが」がパソコンでも見られるようになりました

Amazonの電子書籍(Kindle)のコミックがブラウザ対応となりました。Kindle Cloud Readerといいます。
reader1
使い方は簡単で、Amazonの右端にあるメニューからKindle Cloud Readerを選んでクリックするだけです。
reader2
すぐに読めるようになります。

「白黒猫まんが」はフルカラーです。
スクリーンショット 2014-10-18 20.16.53
試し読みもできますので、是非試してみて下さいね。

以後はブックマークをしておくと便利ですね。
https://read.amazon.co.jp/

「白黒猫まんが」のLINE用クリエイタースタンプが発売になりました

「白黒猫まんが」のLINE用クリエイタースタンプが発売になりました。

PCからのリンクはこちらから
https://store.line.me/stickershop/detail?packageId=1005494
もちろん、LINEストアからも検索出来ます。オフィシャルブログより

クリエイターズスタンプも、通常のスタンプと同様にスタンプショップでのキーワード検索ができるようになりました!
iOSをお使いの方はスタンプショップにて画面を下に引き下げると、Androidをお使いの方は左上の検索マークをタップすると、検索窓が出てきます。

※LINEストアで購入したクリエイターズスタンプを使用するためには、「その他」>「設定」>「スタンプ」>「マイスタンプ」から購入したスタンプをダウンロードする必要があります。