タグ

ぐぬぬ、セットアップできぬわああああ!広告必須なのかああ!などなど数々の伝説を作った楽天Koboですが、Kobo Writing Life(https://writinglife.kobobooks.com/)という出版サービスがありますので、早速私のへたれ猫漫画を申請してみました。あっさり出版できてしまいました。
KoboはEインクの電子端末で軽くて持ち運びに便利ですが白黒です。私の漫画はフルカラーですので、もうすぐ対応するらしいアプリでパソコンやタブレット、スマートフォンなんかで見ることをお勧めします。海外コミックなんかはカラーが多いですし、カラー見たいよね。い、いや、本は端末じゃなくてサービスですから。

たぶん、日本人Koboでちゃんとした英語の本を出したのは、私が最初だと思います。誰かいるかなぁ。(タイトルだけ英語で、日本語の漫画を画像で出版した人もいるみたいですが、削除されているみたいです。)

Kobo Writing Lifeは今のところ英語オンリーです。日本語の説明は皆無ですので、Google先生と相談しながら進めました。
楽天統治以前のKoboのベストセラーは、殆どを官能小説が席巻していてアダルトビデオコーナーのようでしたが、現在の個人出版ではポルノ厳禁となっているようです。私のへたれ猫漫画にはエロ要素ゼロなので問題はないのですが、今のところカテゴリにコミックとか漫画とかがないようなので、漫画コーナーに乗せることができてません。なんでじゃ。
DRMが必ずついてくるよーとか、本がまだまだ少ないよーとか、色々ありますが、Amazonとはちょっと違ったところが魅力かもしれません。

  • 楽天ポイントが使える!(これは悪くない)
  • Facebookがデフォ!コメントもいいねもkobo用の評価もあるのに、レビューがない。ええええ?
  • 英語も日本語も交じっててカオスだけど、知らない外国の本は見つけられる。面白い。けど、そのうち洋書コーナーみたいになるのかも。

Koboで本を買おうとして、なんだか初めて漫画が高く思えたのですね。なんでだろーと思ったのですが、なにか読みたい本があって買おうと思ったのではなくて、サンプルとして、とにかくなんでもいいから買いたいと思ってしまったのですね。だから安ければ安いほどいいやー、みたいな気持ちで探したので、ああっと、これはいかんような、いいような。

なんでもいいのなら、有名な人の本、なんでもいいなら前から気になっていた本、なんでもいいならできるなら猫漫画、なんでもいいなら・・・。なんでも良くはないんだよね、本は。

とりあえず、koboに猫漫画ありますよ。英語だけど。

まだ楽天Koboアプリではサンプルが見れませんので、Amazonの販売ページに行けば30Pほどタダで見れます。サンプルはどこで見ても、いいと思うの。
Mii Meets Me -My First Cat Story-

広告