sugoku06路地のイチゴの旬はだいたい5月くらいなのですが、最近は四季咲きのイチゴの品種ができまして、結構長い間楽しむ事が出来ます。去年作ったイチゴの子苗の植え替えをしようとプランターを掘り返していたら、とても大きな虫の幼虫が出てきてしまいました。
私にはこれが一体何の幼虫なのか分からないのですよね。カブトムシなのかカナブンなのか、とにかく幼虫なんだから甲虫類なんだろうくらいしか。どっかに名前が書いてある訳じゃないし。

普段マンション生活をしていると、自分の世界は一定で変わらないような気がしてしまいますが、虫はそんなことはお構いなしに、勝手に住み着いて、勝手に旅立っていったりします。時々は害虫なったり、鳥にとってはごちそうになったり。
それこそ、空に国境はないわけです。

人が多少也ともコントロールできるのは、このコンクリートの内側だけで、虫から見たら、人間は大きな網戸のついた、人間籠に住んでいるのかもしれませんね。

広告