sugoku11aえー、先月第0回(白石俊平と)カッコいいやつら (テーマ: 電子書籍時代の寵児たち)」というイベントに行ってきました。※食事とお酒付き ありがとうございました。

白石俊平さん、藤井太洋さん、高橋征義さん、はそれぞれ大変有名な方なので、ググると沢山情報は出てくると思います。

イベントの名前がカッコいいやつらなんで、カッコいい何かを描こうとモニャモニャ思ってたんですけど、私のオタクな頭で変換するとこんな感じになってしまいました。ごめんなそ。当日早い段階から酔っぱらってしまって、割とグデグデしてしまっている自分が映像の隅っこに映ってるけど捜さないでください。

全体的な感想を言いますと、出てくる経歴も話も、カッコいいというより、すげーというか、そんな超人みたいなことできないっすけど、という気持ちになってくる。

いやいや、ヒーローだって中身は人間なんですよ。
爆弾が飛び交う中を走らなきゃ行けないし、ショッカーに命を狙われるかもしれないし、ちびっ子には正体を見せちゃらめって言われるし。
色々大変なんですよ。

そういうの、忘れちゃダメだよね。

広告